ミエミラー シャインビューは、鏡表面にコートした特殊な防曇機能膜により、鏡全面のくもりの発生を防ぎます。また、従来のヒーター方式やフィルム方式と異なり、鏡単体で優れた防曇性能を発揮します。
1) 鏡全面に防曇効果を発揮します。
2) 鏡表面の特殊機能膜の透明度が高くなっています。
3) ヒーター方式で懸念される鏡の熱割れや漏電の恐れがありません。
4) ランニングコストが不要です。
ミエミラーシャインビューは、鏡表面全体に防曇膜(特殊有機膜)加工を施しており、この膜が、吸水→表面水膜形成することによってくもりを防ぎます。

1) 初期吸水
  初期段階では、鏡の表面に接触する水蒸気を防曇膜内に吸収することに
  よってくもりを防ぎます。
2) 吸水→水膜形成
  吸水によって防曇膜内が飽和状態になると鏡表面に水膜を形成し、水蒸気が
  この水膜に吸収されることによってくもりを防ぎます。
3)  自然乾燥
   水蒸気が無くなると、防曇膜が自然乾燥し元の状態に戻ります。
1)  鏡表面に汚れが付着したままの状態で放置されますと、曇り止め効果がなくなること
    があります。特に化粧品・毛染め・うがい薬等が付着した場合は、濡れタオルなどで
    速やかに拭きとって下さい。

2)  汚れが固着した場合は、柔らかいスポンジに中性洗剤をつけて軽く擦り除去して
    ください。
     汚れを落とした後は、必ず洗剤を十分に洗い流してください。

3)  ナイロンたわしなどの硬いものでこすったり、クレンザーなどの研磨剤入り洗剤や
    歯磨き粉などは使用しないで下さい。鏡の表面が傷つき、特殊機能膜の損傷によ
    る性能低下の原因となります。
ホームへ
ホームページへ
戻る

《初期吸水》

《吸水+水膜形成》

商品の発注につきましては、セントラル硝子各支店にお問い合わせください。