テ
ナ
化学薬品(トイレ・タイル用洗剤、住宅用洗剤、漂白剤、シンナー、化粧品などで特に塩素系、塩酸系、アンモニア系のもの)によるクリーニングは鏡の銀やガラス表面の腐食、変色、変質の原因になりますので絶対に使用しないでください。
それでも落ちにくい油性の汚れなどは、エチルアルコール(薬用アルコールとして薬局で購入できます)で拭いてください。
ン
ス
鏡の破損防止のために、鏡に硬い物を当てたり大きな物を立てかけたり貼ったりしないでください。また、熱湯や冷水を急激にかけないでください。  
タワシ、クレンザー、磨き粉等で拭きますとガラス表面にキズがつきますので使用しないでください。
ン
メ
通常のお手入れは、柔らかい布で乾拭きしてください。
汚れが落ちにくい場合は、柔らかい布かスポンジを水で湿し、石鹸または中性洗剤をつけて拭いてください(水滴が鏡周辺部に残らないようにしてください)。その後、もう一度水拭きしてから乾いた布で残った水分をきれいに拭き取ってください。
    鏡は物を映すことが目的なので、よく映らなくなってしまっては意味がありません。また、多くはガラスを用いているために破損したら非常に危険です。そこで、鏡をきれいに安全にお使いいただくために、次のようなことに気をつけて長持ちさせてやってください。
戻る
ホームへ
ホームページへ
お気軽にご連絡を!
鏡の歴史,分類、銀鏡反応、腐食など
保有設備,保有技術など
鏡の製造,加工工程、メンテナンスなど
鏡,ガラス建装品の紹介
当社の概要と沿革です
トップページへ